【練習生募集中】 最新のKPOPオーディションに応募する ▶︎

日本人がKPOP業界にスカウトされる方法と選ばれる基準

「KPOP部」はPRを含みます。

日本国内でもKPOPのスカウト活動が活発になっています。

日本人がKPOPのスカウトされるには?

日本人がKPOPのスカウトをされるには、次のようなポイントを意識してみましょう。

  1. SNSの活用
  2. 言語学習
  3. パフォーマンスの練習
  4. ファッション意識
  5. オーディション情報の収集

これら以外にも、

「スカウトされたいけど、どこへ行けばいいか分からない。」

「韓国事務所のスカウトマンに声を掛けられたい。」

といった疑問も出てきます。

この記事では、日本人がKPOPの練習生としてスカウトされるポイントを、一緒に見ていきましょう。

この記事で分かること
  • 日本人がKPOPスカウトされる方法
  • 日本と韓国のスカウトの違い
  • スカウトされる確率を上げるコツ

練習生募集

初心者からでも参加できる、練習生募集の対面オーディションは以下のリンクから応募できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...
目次

日本人がKPOP業界にスカウトされる方法

KPOPスカウトは第一印象だけでなく、細かいポイントや所作をみています。

  1. SNSの活用: 自分の歌やダンスの動画をSNSにアップロードし、才能をアピール。
  2. 言語学習: 韓国語の基本を学び、コミュニケーション能力を高める。
  3. パフォーマンスの練習: 定期的に歌やダンスを練習し、スキルを向上させる。
  4. ファッション意識: KPOPアイドルのファッションを参考に、個性を表現。
  5. オーディション情報の収集: 日本国内のKPOPオーディション情報を積極的に調べる。

KPOP業界へのスカウトを目指す日本人にとって、日常生活での細かな工夫が重要です。

SNSを活用して自分の才能を世界に発信すること、韓国語を学ぶことで文化的な壁を低減し、コミュニケーションスキルを高めることが必要です。

また、継続的な歌やダンスの練習を通じて、自己のパフォーマンス能力を磨くことも大切です。

ファッションに意識を向けることで、自分らしさを表現し、スカウトの目に留まる可能性を高めます。

一方で、スカウトをされるのを待っている状態では、KPOPアイドルになれる可能性は限りなく低くなります。

今はKPOPアイドルの競争率は高まり、スカウトしなくても、練習生志望者が増えているからです。

なので、あなた自身でオーディションに参加していく方が、アイドルデビューにつながるチャンスが増えるでしょう。

初心者でも今すぐ参加できる国内のKPOPオーディションは、以下のリンクから参加できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...

スカウトされる人は普段のトレーニングの成果

スカウトされる人は、普段から何らかの芸能活動をしていたり、アイドルを目指している人が声を掛けられることが多いです。

まず、スカウトされる時点で、「どこかの芸能事務所に所属されていますか?」と質問をうけます。

よくスカウトマンから声を掛けられる人は、当然、他事務所のスカウトマンも声をかけている可能性が高いからです。

またスカウトに声かけされる人は、遠くから見てもオーラが出ています。

芸能経験ゼロであれば、自然とこのオーラや独特の雰囲気を出すのは難しいです。

なので、スカウトされたいのであれば、普段からKPOP以外の芸能活動や、オーディションなどに積極的に参加して、アイドルの基礎を積み上げている人が、声が掛かりやすい傾向にあります。

芸能活動を目指す中で、普段からトレーニングをしていると姿勢なども改善され、アイドルとしてのオーラが出てきます。

まずは、簡単に申し込みができるKPOPスクールオーディションに参加して、アイドルの基礎経験値を高めることからチャレンジしてみましょう。

スクール内でスカウトされたり、オーディションの参加会場でスカウトされるといったケースもあります。

日本人がKPOPスターになるための基準:スカウトの視点から

基準審査員の視点スカウトの視点
パフォーマンス能力技術的なスキルと完成度を重視ステージでの存在感と将来性を評価
個性独自性とオーディションでの目立ち方個人の魅力と市場での差別化可能性
練習姿勢オーディションでの準備度と努力長期的な成長ポテンシャルと持続的な努力
チームワークグループ演技での調和グループ内での協調性と貢献度
言語能力一般的なコミュニケーション能力韓国語能力を含む、多言語でのコミュニケーション能力

オーディションの審査員は、技術的なスキルやオーディション時のパフォーマンスに重点を置きますが、スカウトは個々のアーティストが持つ独特の魅力や長期的な市場価値に注目します。

スカウトは、候補者が将来的にどれだけ成長し、市場で成功する可能性があるかを見極めるのに対し、審査員はその場でのパフォーマンスと練習姿勢を評価します。

また、スカウトは言語能力や文化的適応能力も重要視し、より広範な市場での活躍を見込みます。

このような違いを理解することは、KPOPスターを目指す日本人にとって非常に重要です。

KPOPスカウトが日本人応募者を選ぶ際の重要ポイント

スカウトマンが日本人の練習生を発掘するには、さまざまな場所を行き来しています。

常によい人材がみつかったらスカウトしますが、以下はその一部になります。

場所注目ポイント
ストリートパフォーマンス自然体のパフォーマンス、観衆との交流能力
オンラインプラットフォーム個性的なコンテンツ、視聴者との関わり
地方のオーディションイベント地元文化への理解、独自の才能の発揮
専門学校の文化祭やイベントチームワーク、学校内でのリーダーシップ
SNSプラットフォームフォロワーとの関係構築、オンラインでの個性の表現

スカウトは、これらの場所で個々のパフォーマーの特性や才能を見極めます。

ストリートパフォーマンスでは、自然なステージマナーと観衆との良好な交流が重視されます。

オンラインビデオプラットフォームでは、視聴者との関わりや個性的な内容がスカウトの目に留まります。

地方のオーディションや学校のイベントでは、地域特有の文化への理解やリーダーシップが評価される傾向にあります。

また、SNSプラットフォームを通じて持続的なファンベースを築くことや、オンラインでの個性的な表現も重要です。

これらのポイントを押さえることで、スカウトによる注目を集める可能性が高まります。

スカウトの目に留まる方法

普段からスカウトの目に留まる意識を持つことは、プラスの面が多いです。

アイドルの意識を高めたり、常に見られているという自覚がでてくるので、ダンスの動きにも変化が出てきたりもします。

スカウトされるために普段意識できる点としては、以下のようなものが一部あります。

  1. ファッションをアップデート: KPOPアイドルのようなおしゃれなスタイルを取り入れて、周りと差をつける。
  2. ダンスや歌の練習に熱中: キャンパスや地元のイベントで、みんなの前で腕前を披露する。
  3. カッコいいビデオを作ろう: 自分のパフォーマンスを記録して、魅力的なビデオを作成。
  4. フィットネスで体を鍛えよう: 定期的なエクササイズで、パフォーマンスの質を上げる。
  5. ヘアスタイルとメイクで個性を表現: 自分らしいスタイルで、魅力を引き出す。

KPOPスカウトに注目されたいなら、まずはファッションから始めてみてみるのがいいです。

KPOPアイドルみたいなトレンドを取り入れると、自分だけのスタイルが作れます。

イベントや地域のフェスで、自分のパフォーマンスを披露するチャンスを逃さないようにします。

自分のパフォーマンスをビデオに残して、編集するのもひとつの手段です。

加えて、定期的なトレーニングで体調を整えれば、さらにパフォーマンスが良くなるでしょう。

ヘアスタイルや普段のメイクも大切で、自分らしさを表現し、スカウトの目をきます。

奇抜なファッションよりも、清潔感を意識して普段の姿をととのえておくことです。

都内のKPOPスカウトスポット

東京都内では、KPOPスカウトマンが集まる特定のスポットがあります。

特に、新大久保は日本でKPOPのスカウトが活発な場所として知られています。

この地域の職安通り沿いや大久保通り沿い、西新大久保公園などが主要なスカウトエリアです。

また、原宿、渋谷、新宿、横浜、池袋、品川なども、KPOPスカウトマンが頻繁に訪れるスポットとして挙げられています。

これらの場所では、特に10代から20代前半のK-POPファンが多く集まり、彼らはスカウトマンの目に留まりやすいです。

スカウトされるためのコツとしては、憧れの韓国アイドルのスタイルを取り入れつつ、個性を加えることが推奨されます。

また、表情を意識し、他人とは異なる存在感を放つことが重要です。

ただし、憧れのアイドルを真似しすぎるとファンとして見られがちなので、自分らしさを加えることが大切です。

日本人が韓国現地でスカウトされる方法

なかには日本人として、韓国に活動拠点を移そうと考えているひともいるかもしれません。

韓国でスカウトされたい場合は、日本とは違ったポイントが出てきます。

要素日本でのスカウト韓国でのスカウト
スカウトされる場所原宿、渋谷、新宿などの都市部ショッピングモール、ライブ会場周辺、動画投稿サイト
対象年齢10〜21歳くらい同じく10〜21歳くらい
重要視される要素人を引き付ける魅力、ファッションセンス同じく人を引き付ける魅力、ファッションセンス
注意点日本は首都圏が中心、自分らしさを保つことが大切イベントやネット上でもスカウト活動が活発

日本でのスカウトは、特に首都圏での活動が中心ですが、韓国ではイベントやネット上でのスカウトが特徴的です。

両国ともに、スカウト対象の年齢範囲は同じく10〜25歳くらいで、人を引き付ける魅力やファッションセンスが重視されます。

日本では自分らしさを保つことが強調されているのに対し、韓国ではより多様な場所でのチャンスがあります。

スカウトされるためには、積極的に関連する場所に出向く、見た目やスタイルに気を使う、自分の魅力を磨くなどの努力が必要です。

また、韓国の芸能事務所からスカウトを受けた場合、まず練習生オーディションを受け、練習生としての生活をスタートさせることが一般的です。

スカウトからデビューするまでには、ダンスや歌唱、表情管理などのスキルを磨く必要があります​​​​​​。

両国でのスカウトの可能性を高めるためには、これらのポイントを意識しながら準備を進めることが効果的です。

関連記事:KPOPスクールでスカウトされる方法

まとめ

スカウトされるには、巡りあわせや運要素も関わってきます。

練習やオーディション以外の場面でも、スカウトされる意識を持つことで、練習生になれるチャンスが増えます。

スカウトされる意識をもつことが、モチベーションにもつながるので、ぜひ今回の内容を実践してみてください。

意識してもなかなかスカウトされない場合は、あなたからオーディションを受けに行って、積極的に自分からチャンスを掴んでいきましょう。

以下の、初心者からでも受けられるオーディションから、はじめてみるのがおすすめです。

練習生募集

初心者からでも参加できる、練習生募集の対面オーディションは以下のリンクから応募できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...

⬇︎⬇︎⬇︎KPOP練習生情報のXアカウント

よかったらシェアしてね!
目次