【練習生募集中】 最新のKPOPオーディションに応募する ▶︎

もう遅い?韓国KPOP練習生オーディションの年齢制限は20歳まで?限界のタイミングを解説

「KPOP部」はPRを含みます。
この記事の監修者

KPOP部」で編集長をしている「KPOP部員」です。X(旧Twitter)でもオーディション情報を随時更新するので、フォローしてくださいね。

KPOPアイドルになるには、年齢制限がありません。

しかし、現実的に目指すには遅い年齢層があるのも事実です。

こ記事でわかること
  • KPOPアイドルを目指せる現実的な年齢
  • 年齢以外に大切な素質
  • メジャーデビューできたアイドルのデビュー年齢

練習生募集

初心者からでも参加できる、練習生募集の対面オーディションは以下のリンクから応募できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...
目次

KPOPオーディションに参加できる年齢制限

オーディション参加で年齢制限があるものが増えつつあります。

韓国の芸能事務所が開催するオーディションの大多数には年齢制限が設けられているものがあり、その多くの場合、10歳から21歳が対象とされています。

日本のオーディションもより厳しい制限を設ける事務所では、15歳から20歳までの年齢層を対象にしていることもあります。

常時開催のオンラインオーディションに関しては、年齢制限がないものも見つかります。

関連記事:韓国KPOPアイドルになるには?具体的な方法を解説

韓国事務所のKPOP練習生になる年齢

韓国の練習生になる適した年齢は、一般的に12歳から16歳くらいまでとされています。

多くの韓国の事務所は、オーディションの応募条件に年齢制限を設けており、この範囲が一般的です。

SMエンターテインメントは年齢制限を設けていませんが、20代前半になると合格は厳しいとされています。

なので、年齢ができるだけ低いタイミングで、芸能事務所に所属することを目指しましょう。

もしあなたが中学生で、一度も練習生オーディションの参加経験がないのであれば、最初のステップを踏み出すタイミングを逃しているかもしれません。

行きたい事務所にこだわりがある人もいるかもしれません。

しかし、事務所間の移籍や、他事務所への移動も多くあります。

最終的に希望する芸能事務所に所属することになる可能性だって残されています。

まずは、事務所に入ることに集中しましょう。

高校生からでもアイドルデビューできる可能性は残っていますが、練習量でもオーディション参加の数でも、他の人よりも努力しなければ、追い上げることは簡単ではありません。

「まわりは自分よりも若い人が多いな。」

「来年になっても練習生になれなかったら年齢を重ねてしまう」

「年内にはなんとか練習生になりたい。」

焦る気持ちも出てきますが、まずは受けれる対面オーディションは、積極的に受けていきましょう。

1年若いだけで、合格の可能性が大きく変わってきます。

もし、将来は大きなドームで、大勢の観客の前で最高のパフォーマンスができるKPOPアーティストを目指している人は、対面オーディションに参加してください。

事務所に入ることで、ステージでダンスを披露したり、同じ夢を持つ練習生と高め合えます。

初心者でも、今すぐ参加できる国内のKPOPオーディションは、以下のリンクから参加できます。

練習生募集

初心者からでも参加できる、練習生募集の対面オーディションは以下のリンクから応募できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...

特に実力がある場合は、年齢が高くても練習生になる可能性があります​​​​。

オーディションの年齢制限に合致していれば、20代で練習生になり、その後デビューするアイドルもいます。

練習生としての期間は個人差があり、平均して約3年間の練習期間を経てアイドルとしてデビューすることが多いです​​。

特に、早い年齢から練習を始めることが推奨される一方で、高校生でも遅過ぎることはないという点は、多くの志望者にとって希望を与えるものです。

できるだけ最短距離でKPOPアイドルになりたい人は、以下のKPOPの練習生になるための具体的なステップについて、チェックしてみてください。

KPOP部
韓国KPOPアイドルになるには練習生選抜に受かる確率を最大限まで高めておくことが必要 韓国のKPOPアイドルになるには事務所の練習生に受かって、デビューメンバーの選抜に選ばれる確率を最大限まで高めていかなければいけません。確率を高めるための具体的なス...

オーディションに受かりやすい年齢

KPOPオーディションにおいて、年齢は重要な要素の一つです。

特に、11歳から15歳の間がオーディションに合格しやすい年齢とされています​​​​。

合格の平均年齢は、14歳前後と言われています。

審査員はオーディション参加者の「のびしろ」、つまり才能や将来性を見ています。

若い年齢であれば、それだけ成長の可能性が高いと見なされます。

しかし、若さが全てではなく、20代を過ぎてもオーディションを受けることは可能です。

重要なのは、若さだけでなく、その人の持つ才能や独自性です​​。

この情報は、KPOPオーディションを目指す人にとって大切な指針です。

若い年齢での参加が推奨される一方で、年齢だけが成功の決め手ではないことを理解することが重要です。

特に、実力や個性を磨き、自分の「のびしろ」をアピールすることが、オーディションでの成功に繋がります。

韓国アイドルになれる年齢っていくつまで?

韓国アイドルになれる年齢に関しては、一般的に韓国のアイドル業界では若い年齢からのスタートが望ましいとされています。

特に、10代の早い段階で練習生としてのキャリアを始めることが一般的です。

これは、若い年齢からのトレーニングにより、技術やパフォーマンス能力を磨き上げ、アイドルとしてのポテンシャルを最大限に引き出すことができるためです。

一方で、年齢が高い場合でも、特に実力や才能がある場合は練習生になるチャンスがあります。

実際、20代で練習生になり、成功を収めたアイドルも存在します。

しかし、年齢が高い場合は、デビューまでの期間やアイドルとしての活動期間が限られてくるため、一般的には若い年齢でのスタートが推奨されます。

この情報は、韓国アイドルを目指す若者にとって、アイドルとしてのキャリアを計画する際の重要な指標となります。

特に、早い段階での準備とトレーニングの開始が、成功への鍵となることを示しています。

年齢を重ねてもチャンスはありますが、やはり年齢が若い方が有利なのは確かです。

20歳を過ぎると年齢的には厳しい

20歳を過ぎると、実力の問題ではなく、そもそもオーディションに参加できる機会が激減します。

21歳までの年齢制限があるということをお伝えした通り、事務所もこの年齢がボーダーラインと捉えているということです。

成長期を過ぎて、ある程度の骨格や体格も決まってくるので、伸び代という点でも判断がつきやすいという側面もあります。

逆に、外見が魅力的で、大きく変わり過ぎないという点では、判断を誤りにくいという事務所側の見方もあります。

しかし、もともと他のダンスを長年やっていたなど、芸能活動をしていた経験があった場合にのみ、20歳以上の人に可能性が残されていると言えます。

練習生になってからも、数年間のトレーニング期間があると考えると、厳しい年齢のラインに立たされていると言えます。

KPOPアイドルの平均的な練習生期間は?

練習生期間の目安としては、3〜5年となります。
しかし、事務所に入ってわずか数ヶ月の練習生期間でデビューしたアイドルもいます。
過去に芸能活動をしていたり、ダンスや歌の経験が高いレベルにある場合は、練習生期間が短くなる可能性があります。

20歳以降に練習生になると遅い

20歳ですでにメジャーデビューを経て、第一線で活躍するアーティストも珍しくありません。

なので、少なくとも17~18歳までには練習生になっておきたいところです。

何を基準に遅いか判断することも大切です。

20歳でデビューをするのなら遅くはない

韓国アイドルのメジャーデビューの平均年齢は目安として、20前後でした。

しかし、練習生になりたい人も増えて、今ではメジャーデビューの年齢が、18~19歳くらいが平均となりつつあります。

しかし、メンバー全員がこの年齢ではありません。

14~15歳のメンバーもいれば、19~20歳のメンバーも含めた平均年齢でメンバーが構成されるためです。

K-POPアイドルでデビューするには、遅くても何歳までに練習生になるのがいいでしょうか?

最低でも16~17歳までには、K-POPの練習生になっておきたいところです。
この年齢は年々下がっていく傾向が予想されます。
しかし、年齢が高いからといって必ずしもアイドルになれる可能性がゼロなるわけではありません。

まずは応募条件が低いオーディションから参加することから始めて見ましょう。

最新のKPOPオーディション情報から、未経験からでも参加できます。

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...

年齢を重ねることのメリットとデメリット

年齢を重ねることのメリット・デメリット

年齢が高いと悪いことばかりではありません。

メリット

  • 自分の強みがわかってくる
  • 落ち着きが出てくる
  • 身体の基礎が出来上がる

年を重ねると、今まで自覚していなかった自分の強みがわかってきます。

強みを武器に、自信を持ってオーディションに申し込むことができるでしょう。

また、何事にも冷静で落ち着いた判断ができるようになってきます。

幼い時と比べても、その違いは明らかです。

さらに、体の基礎もできてきているので、体調管理がしやすいといったことも言えます。

小さい頃は、外見的な変化も大きいので、自己管理が簡単ではありません。

デメリット

  • オーディション機会が少なくなる
  • ダンスや歌のスキルに圧倒的な差がついてしまう
  • チャレンジをせずに諦めてしまうことが多い

オーディション機会は、年齢が若い方が受けられる数が多いという話をしました。

年齢が低ければ、それだけで応募できるものもあります。

チャンスの数が減るのは、それだけでデメリットと言えるでしょう。

また、幼い頃からダンスなどのスキルを長年かけて積み上げてきた人には、短数年で追いつくことは簡単ではないです。

結果的に、チャレンジをせずに諦めてしまうことになります。

日本人練習生の合格年齢とオーディションの現状

日本人練習生の場合、練習生としての合格年齢は韓国の練習生と比べると少し高めです。

日本でのKPOPの人気上昇に伴い、日本人練習生に対する需要が高まっており、年齢よりも実力やポテンシャルを重視する傾向が強まっています。

そのため、韓国よりもやや年齢制限が緩和されている場合があり、20代前半でも練習生として合格するチャンスがあります。

ただし、韓国の練習生と同様に、競争は非常に激しく、高い実力と献身的な姿勢が求められます。

日本人練習生が韓国のオーディションに挑む際には、言語の壁や文化的な違いなど、追加の挑戦もありますが、成功例も増えているため、年齢を気にせずにチャレンジする価値は十分にあります。

この情報は、日本人が韓国のアイドル業界に進出する際の年齢制限や現実を理解するのに役立ちます。

実力と情熱があれば、年齢を超えて成功する可能性があることを示しています。

年齢で変わるオーディション合格の難易度

KPOPオーディションでは、一般的に若い年齢層の方が合格しやすい傾向があります。

大学生レベルの年齢になると、全くの未経験者の場合、合格の可能性は低くなります。

これに対し、中学生であれば歌やダンスが未経験であっても、練習生になるチャンスは十分にあります。

この時期、体の成長が著しく、ダンスや歌の才能が急速に開花する可能性があるためです​​​​​​。

高校生になると、KPOPオーディションに対する審査員の印象も変わる可能性があり、学年が変わる前に早めに最初のオーディションを受けることが推奨されます。

高校生からKPOPを目指す場合、可能性は十分にありますが、合格するためには、歌とダンスの練習を始め、積極的にオーディションに参加する必要があります。

高校生であっても、オーディション合格は難しい状況であることを理解し、積極的なアクションが必要です​​​​。

この情報は、KPOPオーディションを目指す若者にとって、年齢に応じた合格戦略を練る上で重要です。

特に若い年齢層では、未経験でも可能性が高いこと、高校生になると合格の難易度が上がることを考慮する必要があります。

人気韓国KPOPアイドルのデビュー年齢

KPOPアイドルのデビュー年齢を確認することで、何歳までに練習生になっておくべきかの目安になります。

年齢の上限が設定されていないオーディションが多くあります。

しかし、設定がないからといって何歳からでもKPOPアイドルになれるという訳ではありません。

現実的な年齢上限の目安を知っておくことで、正しい選択をしていきましょう。

男性KPOPグループのデビュー時の年齢

  • BTS
    • JIN(ジン):20歳
    • SUGA(ユンギ):20歳
    • J-HOPE(ホソク):19歳
    • RM(ナムジュン):18歳
    • JIMIN(ジミン):17歳
    • V(テテ):17歳
    • JUNGKOOK(ジョングク):15歳​​​

この情報から、BTSのメンバーは15歳から20歳の範囲でデビューしたことがわかります。

最年少メンバーのジョングクは15歳で、最年長のジンとユンギは20歳でした。

この年齢範囲は、KPOPアイドルとしてのキャリアをスタートさせるには一般的な年齢層を反映しています。

若い年齢でのデビューは、長期的なキャリアを築くための重要な要素とされており、BTSのメンバーもこの点で例外ではありません。

女性KPOPグループのデビュー時の年齢

  • STAYC
    • SuMin:20歳
    • SiEun:20歳
    • Isa:19歳
    • SeEun:18歳
    • Yoon:17歳
    • J:17歳​​。
  • Dreamcatcher
    • JiU:24歳
    • SuA:24歳
    • SiYeon:23歳
    • HanDong:22歳
    • YooHyeon:21歳
    • DaMi:21歳
    • GaHyeon:19歳​​。
  • LOONA
    • HaSeul:22歳
    • Vivi:23歳
    • Yves:22歳
    • JinSoul:22歳
    • Kim Lip:20歳
    • Chuu:20歳
    • HeeJin:19歳
    • HyunJin:19歳
    • Go Won:19歳
    • Choerry:18歳
    • Olivia Hye:18歳
    • YeoJin:17歳​​。
  • Fromis_9
    • SaeRom:22歳
    • HaYoung:22歳
    • GyuRi:22歳
    • JiWon:21歳
    • JiSun:21歳
    • SeoYeon:19歳
    • ChaeYoung:19歳
    • NaGyung:19歳
    • JiHeon:16歳​​。
  • (G)I-DLE
    • SoYeon:21歳
    • MiYeon:22歳
    • Minnie:22歳
    • YuQi:20歳
    • ShuHua:19歳​​。
  • ITZY
    • YeJi:20歳
    • Lia:20歳
    • RyuJin:19歳
    • ChaeRyeong:19歳
    • YuNa:17歳​​。
  • aespa
    • Karina:21歳
    • Giselle:21歳
    • Winter:20歳
    • NingNing:19歳

これらのデータは、女性KPOPアイドルのデビュー時の年齢の多様性を示しています。

年齢層は14歳から24歳まで幅広く、それぞれのグループで異なる年齢でデビューしています。

KPOPアイドルは何歳まで活躍できる?

韓国アイドルは、5年が寿命とするのがひとつの目安です。

新しいグループの台頭などもあり、第一線で活躍し続けられるのは一握りです。

一度人気になっても、安定してファンが定着する可能性は高くありません

さらに、韓国には兵役制度があるので、国のシステムも関係しています。

すでに遅いと判断できるタイミング

「今から韓国アイドルを目指しても遅いのでは??」と思っていいませんか?

もちろん、現実的ではない年齢もあります。

一つの目安として、まったくの未経験からでは、20歳から目指すとなると遅いと言えるでしょう。

しかし、可能性はないとは言い切れません。

一方で、見切りをつけるタイミングを決めておくことは避けられません。

アイドルの他にも韓国芸能の関連職につけることもあるからです。

以下のようなものが、ごく一部のものです。

  • マネージャー職
  • 音楽制作
  • コンテンツ編集
  • 韓国法人の事務職

はじめるタイミングが遅いのであれば、それを受け入れて、進路転換する考えも頭の片隅においておきましょう。

KPOPアイドル特有の年齢の表現

「01 line」,「02line」とは韓国の年齢表現

「●● line」というオーディションの年齢表現がありますが、これは韓国のKPOPアイドルの「生まれ・世代」を意味するものです。

【●●lineの具体例】

  • 「01line」は「2001年生まれ」の意味
  • 「02line」は「2002年生まれ」の意味

まとめ

若ければ若いほど、オーディションを受けられるチャンスは広がっています。

合格率も年齢が低い方が受かる可能性は高くなるでしょう。

さらに、KPOP人気も全世界に広がり、より練習生の低年齢化も進むでしょう。

もしKPOPアイドルになるなるなら、思い立った瞬間から練習を始めてみましょう。

年齢が1年でも若いうちに、初心者からでも受けられうオーディションに参加していきましょう。

事務所の方針が変わって、来年には年齢オーバーになってしまう可能性もあるので、早いうちからチャンスをモノにすることが大切です。

練習生募集

初心者からでも参加できる、練習生募集の対面オーディションは以下のリンクから応募できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...

⬇︎⬇︎⬇︎KPOP練習生情報のXアカウント

よかったらシェアしてね!
目次