【練習生募集中】 最新のKPOPオーディションに応募する ▶︎

韓国KPOPバックダンサーになるには?オーディション通過から給与交渉までを解説

「KPOP部」はPRを含みます。
この記事の監修者

KPOP部」で編集長をしている「KPOP部員」です。X(旧Twitter)でもオーディション情報を随時更新するので、フォローしてくださいね。

KPOPブームでKPOPのバックダンサーとして世界で活躍したいと考えている人が増えています。

「どうすればKPOPのバックダンサーとして抜擢されるの?」

「バックダンサーに求めらる素質って何?」

など、JPOPのダンサーとは違った疑問が出てくるかもしれません。

もしあなたが、これから本格的にKPOPのバックダンサーを目指したいのであれば、この記事で具体的なステップを確認してみてください。

この記事でわかること

練習生募集

初心者からでも参加できる、練習生募集の対面オーディションは以下のリンクから応募できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...
目次

KPOPバックダンサーになる方法

KPOPのバックダンサーになるには何から始めればいいでしょうか?

KPOPのバックダンサーになるには、韓国の芸能事務所の練習生を目指すと同時に、KPOPのダンススクールに通ってコネクションを構築していきましょう。

実力が認められれば、バックダンサーのオファーを貰うことができます。

一般的には、韓国の芸能事務所が抱える練習生の中から、バックダンサーを選抜しています。

ダンサーとしての特別な資格は必要ありません。

実力が認められれば、選ばれるチャンスはもらえます。

あわせて、事務所は外部のKPOPスクールからもダンサーを募集します。

練習生を目指す中で、次のようなバックダンサーへの道が広がっています。

  • 韓国事務所の練習生のなかからダンサー選抜される
  • ダンススクールからダンサーとして推薦される
  • ダンスユニットを結成して結果を残す

ダンススクールに通っていれば、ダンスユニットを結成してダンス大会やサバイバル番組に出場することがあります。

スクール生で構成されたダンスチームは実力も非常に高く、事務所からの注目を集めることができます。

韓国最高の女子高校生ダンスクルーを選抜する番組「STREET WOMAN FIGHTER(無料会員登録で視聴可)」がMnetから配信されています。

バックダンサーとして求められるダンススキルを知りたい方は、以下のリンクから無料でチェックして見てください。

登録無料「Mnet Smart+」でKPOPダンサー番組を見る

同じレベルのダンススキルを身につければ、さらにバックダンサーの道が開けるでしょう。

基本的には練習生を目指す過程で、バックダンサーになると言う進路が見えてくるわけです。

最初からバックダンサーだけを目指すと言うよりは、練習生を目指す過程のなかにバックダンサーとい選択肢が見えてくると考えておいた方がいいでしょう。

まずは韓国の芸能事務所所属を目指す

韓国の大手事務所は、定期的に練習生に対してバックダンサー募集をかけることがあります。

  • 練習生に経験を積ませたい
  • 費用をできるだけ抑えたい

といった事情があげられます。

事務所の練習生であれば、誰がうまくパフォーマンスできるか分かっています。

さらに、選定するメンバーの実力にバラツキが少なく、チーム全体が安定しやすいです。

なので、韓国の芸能事務所の練習生になることが、バックダンサーになる「一番の近道」といえます。

KPOPダンサーになるには、最低でも芸能事務所の練習生レベルのダンススキルは求められます。

以下のリンクで、韓国事務所のオーディション情報を確認してみてください。

KPOPオーディションが完全網羅された一覧

初心者でも今すぐ参加できる国内のKPOPオーディションは、以下のリンクから参加できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...

具体的なKPOP練習生になるための方法については、以下の記事をチェックしてみてください。

KPOP部
韓国KPOPアイドルになるには練習生選抜に受かる確率を最大限まで高めておくことが必要 韓国のKPOPアイドルになるには事務所の練習生に受かって、デビューメンバーの選抜に選ばれる確率を最大限まで高めていかなければいけません。確率を高めるための具体的なス...

ダンススクールやアイドル育成機関に所属しておく

KPOPの有名なダンススクールや芸能系の専門学校では、バックダンサー募集の案件が回ってくることがあります。

それは、

  • 韓国の芸能事務所と定期オーディションをひらいている
  • 所属の生徒に、すでに一定の実力がそなわっている
  • スクールのトレーナーが強力な人脈を持っている

などの理由があります。

スクール側としては、芸能事務所に実力のある生徒を送ることで、育成実績のアピールになります。

実績豊富で、韓国の事務所と強いコネクションがある場所をみつけましょう。

また、KPOPのバックダンサーとして活躍していた経験者から直接指導を受けることによって、オファーにつながる可能性は広がります。

オーディションなどの機会を通して、アドバイスを直接もらう機会を作っていきましょう。

KPOPのダンサー経験が豊富なスクールや育成機関については、以下のリンクから確認できます。

KPOPのバックダンサー経験者が主導するK-POP PROJECT

韓国では有名なダンススクールと大手事務所のタッグでMVを制作したりします。

JYPは「1 million dance studio」とタッグを組んでバックダンサーを募集している可能性が高いと思われます。

このダンススクールは韓国国内でも屈指のKPOPダンススクールで、第一線で活躍できるダンサーや練習生候補を育成しています。

バックダンサーとしてMVやツアーに参加したい場合は、超有名なダンススクールに所属できるレベルが求められると考えていきましょう。

韓国と繋がりのある関東・東京の有名ダンススクールは、以下の記事でチェックできます。

あわせて読みたい
関東・東京の韓国KPOPダンススクール有名18校を本格的にプロを目指しデビューに繋げたい人向けに厳選 この記事の監修者 「KPOP部」で編集長をしている「KPOP部員」です。X(旧Twitter)でもオーディション情報を随時更新するので、フォローしてくださいね。 KPOP部員 KPOPア...

韓国と繋がりのある関西・大阪の有名ダンススクールは、以下の記事でチェックできます。

あわせて読みたい
関西・大阪の韓国KPOPダンススクール有名13校を本格的にプロを目指しデビューに繋げたい人向けに厳選 この記事の監修者 「KPOP部」で編集長をしている「KPOP部員」です。X(旧Twitter)でもオーディション情報を随時更新するので、フォローしてくださいね。 KPOP部員 初心者...

有名なダンスチームに所属する

実力派のダンスチームに、バックダンサー募集の依頼が入ってくることがあります。

有名なチームでは、

  • すでに実力が証明できている
  • 元芸能事務所の練習生だったダンサーが所属している

といったことがあるからです。

すでに、知名度やダンスのクオリティーに定評のあるメンバーが求められます。

なので、有名なダンスグループから先に声がかかることが多いです。

ツアー公演の「期間限定」で、別のダンスチームと契約するケースもあります。

必要なダンサーを必要な人数だけ依頼する」という仕組みと同じイメージで考えると理解できます。

実力派のチームに入ることで、KPOPバックダンサー募集が巡ってくるチャンスがあります。

現役バックダンサーの生の情報は無料レッスンで聞く

KPOPのダンススクールでは、現役のバックダンサーが講師として迎えられていることが多いです。

人によってバックダンサーになった経験は違うので、いろんな人の話を聞くことで選択肢が増えます。

近くのKPOPスクールやオンラインの無料体験で、現役のバックダンサーに直接質問していると、お宝情報を手に入れることもあります。

結局は、人とのコネクションで話が回ってくることが多いので、あなた自身から積極的に「人に会いにいく」ことで、情報収集する努力も必要になります。

XGなどを排出したavexの所属ダンサーが、オンラインKPOPレッスンを開講しています。

avexのKPOPオンラインレッスンで、現役ダンサーからどのようにバックダンサーになったのか、詳しく質問してみるのがいいでしょう。

2週間無料で体験利用ができるので、その期間に知りたいことや進路の相談などもできます。

お試し利用をうまく活用して、少しでも有益な情報を得ておきましょう。

本物のバックダンサーに料金なしで相談できる、お試し利用は以下のリンクから申し込めます。

KPOPオンラインレッスン「スポとも」の無料体験に申し込む

お試し期間内であれば、キャンセル費用や解約料は発生しないので安心です。

\ 「スポとも」無料相談 /

KPOPバックダンサー向けオーディションが非公開な理由

「バックダンサーのオーディションがなかなか見つからない。」と思っている人は少なくないです。

それは、バックダンサー枠が、一定の実力を持ち合わせた人にしか公開されないからです。

経験者に、優先的にチャンスは巡ってきます。

「非公開の場」でしか募集がかからないので、基本的にはオーディション情報は見つかりません。

バックダンサーの給与

KPOPのバックダンサーの給料は人によって大きく金額差が出てきます。

KPOPのバックダンサーのお給料はどのくらい?

有名なダンサーであれば、月給はおよそ18〜30万円前半が目安になります。

年収で言うと、400万円〜とサラリーマンの平均給与ほどは稼げることもあります。

しかし駆け出しのダンサーであれば、月に10万円にも満たないケースも珍しくありません。

安定して毎月のお給料で出ない場合もあります。

例えば、

  • イベント毎の単発契約
  • ツアー毎の短期契約
  • 月給制ではなく日給制

といったプロダクションとの契約形態によって、収入に大きな差が出てくるためです。

突発的な辞任不足で出演して、気持ちだけのギャラを受け取る場合も考えられます。

1日だけのイベント出演であれば、日給5,000円から15,000円といった金額の範囲で支給されたりします。

バックダンサーとして生活していける人は一握りで、仕事が貰えない時期はアルバイトや他の副業をしながら、実績を積む人もいるほどです。

パフォーマンスの磨いて、実績を積めば給与を交渉する余裕も生まれてくるでしょう。

準備しておくべきこと

ダンサーになるにあたって、日頃から準備しておくとよい内容をみておきましょう。

いざチャンスが来た時に、その場でアピールできるようになります。

練習動画を撮影しておく

最新のダンススキルをおさめた動画を、常に用意しておきましょう。

スマホに保存しておくと便利です。

  • 普段のダンス風景
  • 自分で考えた振り付け
  • ダンスイベントでのパフォーマンスムービー

韓国の事務所からオファーが来たときは「実力がわかるものを送ってください。」とお願いされることがほとんどです。

常に動画を用意しておくことで、チャンスが巡ってきた時に、素早く行動できます。

小さな努力の積み重ねが「チャンスを掴めるか」の命運を分けます。

自分用の実力チェックにも役立つので一石二鳥です。

オーディション用のダンス曲を決めておく

あらかじめ、オーディションで披露できるダンスレパートリーを複数用意しておきましょう。

  • 得意な振り付けのダンス
  • あえて苦手なダンスジャンル
  • 早いテンポから遅いテンポ

さまざまなカタチのダンスを披露できるように前もって準備します。

ダンサーは求められた世界観にあわせて、オールジャンル対応できるような状態が最低条件です。

関連記事:KPOPオーディションのダンス部門での選曲

バックダンサーに向いている人

KPOPのバックダンサー
  • 強すぎない個性
  • 献身的な動き
  • 柔軟に対応できるスキル


バックダンサーの目的は、メインのアーティストの魅力を最大限に引き出し、観客を感動させることです。

全体像を理解して、自分に求められている「立ち位置・役回り」を理解している人が、バックダンサーに向いている人と言えます。

コンサートを開催・演出する側になって、イメージしてみましょう。

あくまで主役はアイドルなので、バックダンサーが目立ちすぎると、ステージ全体の調整がうまくいきません。

芸能事務所の演出と、メインのアーティストとの調整内容を理解する必要があります。

変更点に合わせて、その都度、自分のパフォーマンスをできる柔軟性も求められます。

時には「これは自分の求めているダンスではない。」といった苦悩もあるでしょう。

しかし、そのような葛藤と自分に向き合える人こそが、バックダンサーの素質を兼ね備えた、センスのある人になります。

バックダンサーに向いていない人

  • 気持ちの切り替えが遅い人
  • バックダンサーだけを目指している人
  • 全体像をイメージできない人

ダンサーとしてこだわりを持つことは必要です。

しかし、バックダンサーという役割をしている時は、気持ちを切り替えて、全体に合わせられることが出来ないのであればバックダンサーに向いていないでしょう。

アイドルデビューを目指すなかで、バックダンサーにも挑戦したいと思う瞬間はあるはずです。

主役に求められることと、サポート役に求められることは違います。

また、バックダンサーだけを目指している人も、向いている人とはいえないでしょう。

多くのバックダンサーは、ダンス講師やスタジオ運営経験など、他の道を進みながら、その延長上でバックダンサーのポジションについています。

ダンス以外の人間関係の構築や、事務所との関係性の結びつきをつくっていく力も求められます。

バックダンサー案件をもらえる、「人脈と環境」が一番重要といえます。

まとめ

KPOPのバックダンサーになるには、まず練習生を目指すことから始めましょう。

目指すなかでダンススクールに通うことも必要になってくるかと思います。

ダンススクールでも評価されて、芸能事務所にも評価されれば、バックダンサーのオファーを貰える機会が巡ってきます。

KPOPのバックダンサー経験者が審査する、初心者から参加可能なオーディションは、以下のリンクからチェックできます。

練習生募集

初心者からでも参加できる、練習生募集の対面オーディションは以下のリンクから応募できます。

大手から中小事務所まで一覧でチェックできる、あなたにあったKPOPオーディション応募先が、以下のリンクから探すことができます。

KPOPオーディション一覧をチェックする

KPOP部
韓国KPOPオーディション2024応募先一覧【大手〜中小事務所・男子・女子別まとめ】 KPOPオーディション公開情報を完全網羅。韓国の芸能事務所で、練習生になるためのKPOPグローバルオーディション2023版、最新情報をまとめて掲載。日本国内では東京・大阪・...

⬇︎⬇︎⬇︎KPOP練習生情報のXアカウント

よかったらシェアしてね!
目次